042-860-6051
受付時間
9:00-18:00

休業損害 計算

  1. 町田神永法律事務所 >
  2. 休業損害 計算

休業損害 または 計算に関する基礎知識記事や事例

  • 死亡事故では弁護士が必要死亡事故では弁護士が必要

    死亡事故は、被害者が亡くなられた事実はもちろん、それによる損害の大きさも計り知れません。 加害者に対して求める民事上の責任、すなわち損害賠償の額も極めて高額になり、慎重な対応が必要になります。...

  • 休業損害と休業補償の違い休業損害と休業補償の違い

    休業損害とは、受傷やその治療のために休業し、現実に喪失したと認められる得べかりし収入額のことをいいます。 わかりやすくいえば、交通事故によって働けなくなった日数分の給料などが休業損害額となります...

  • 交通事故の損害賠償は多岐に渡る交通事故の損害賠償は多岐に渡る

    交通事故の損害賠償の内容は多岐に渡ります。 ここでは、その損害賠償の具体例を記載しますので、ご自身の中で当てはまるものがどれ位あるか参考にしてください。 ■交通事故の損害賠償の具体例 ・自動...

  • 交通事故の損害賠償で請求できるもの交通事故の損害賠償で請求できるもの

    ■交通事故の損害賠償で請求できるもの 交通事故の損害賠償においては、請求できる項目が「積極損害」・「消極損害」・「慰謝料」の3つに大きく分けられます。 ・積極損害 積極損害とは、被害者が有して...

  • 死亡事故で請求できる賠償金の種類死亡事故で請求できる賠償金の種類

    ■死亡慰謝料(精神的損害についての損害賠償) 慰謝料とは、精神的な損害についての損害賠償です。 死亡事故の場合は、被害者自身についての慰謝料と遺族への慰謝料を合わせて請求することができます。 ...

  • 被害者請求の手続き方法被害者請求の手続き方法

    被害者請求とは、交通事故の被害者が自賠責保険に対して直接請求をすることを指します。 被害者自ら請求することによって、自分の納得のいく金額の請求が成立しやすくなるというメリットがあります。 被害...

  • 後遺障害等級とは後遺障害等級とは

    後遺障害には、自賠法施行令の後遺障害等級表に認定基準のある等級が定められています。その等級が、後遺障害等級と呼ばれているものです。 後遺障害等級は、1級から14級まで定められており、介護が必要...

町田神永法律事務所が提供する基礎知識

  • 交通事故の「過失割合」の適用され方

    交通事故の「過失割合」...

    ■交通事故の「過失割合」の適用のされ方 ここでは、過失割合がどのように適用されるか、事例を通じて考えて...

  • 事前認定とは

    事前認定とは

    交通事故が原因で継続的な治療を施さなければならない場合や後遺症が残ってしまった場合、加害者から保障を受...

  • 後遺障害14級とは

    後遺障害14級とは

    「交通事故により、大怪我を負ってしまった。このまま後遺症が残る可能性があると医師に告げられたが、後遺症...

  • 相武台前の交通事故に強い弁護士をお探しの方

    相武台前の交通事故に強...

    突然の交通事故で被害者になってしまった場合、弁護士への相談をお勧めします。 まず自身が被害者となった場...

  • 死亡事故で請求できる賠償金の種類

    死亡事故で請求できる賠...

    ■死亡慰謝料(精神的損害についての損害賠償) 慰謝料とは、精神的な損害についての損害賠償です。 死亡事...

  • 死亡事故が起こった場合の加害者の責任

    死亡事故が起こった場合...

    ■死亡事故が起こった場合の加害者の責任 加害者の責任は大まかに分けて3つあります。 行政上の責任、刑事...

  • 遷延性意識障害(植物状態)とは

    遷延性意識障害(植物状...

    「夫が交通事故に遭い、意識が戻らないままでいる。収入がなくなってしまったが、これからどうすればよいだろ...

  • 被害者の遺族が取るべき対応

    被害者の遺族が取るべき対応

    ■被害者の遺族が取るべき対応 死亡事故を予測することは誰にもできません。 事故の連絡が突然届き、被害者...

  • 後遺障害11級とは

    後遺障害11級とは

    後遺障害等級とは、交通事故によって生じた障害のうち、治療によって回復ができないと判断されたものを14段...

よく検索されるキーワード

ページトップへ